Macbook Air 13-inch.美品
寿司(すし)を中心とした日本料理が世界的に高い人気を集めており、海外では高級料理として扱われることが多い。おいしさのほかにヘルシーであることも日本料理が人気を集める大きな理由の1つと思われる。

一方、中華料理は味も良く、メニューも豊富なのだが、油を大量に使うケースが多く、健康を気遣う人は敬遠する場合もあるだろう。中国の掲示板サイト「虎撲」に「なぜ中華料理は海外では日本料理に及ばないのか」というスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。

スレ主は、「世界に名を馳せる中華料理が、海外では日本料理の地位に及ばないのはなぜか?」と質問しており、海外では中華よりも日本料理のほうが高い人気を獲得していると感じているようだ。スレ主の質問に対して、「中華料理は衛生状況が把握しにくいからね。日本料理は油が少なくて、見た目も清潔な感じがする」という意見や、「わが国の下水油のせいじゃないか」という自虐的なコメントもあった。

また、「中華料理は辛いから。それと箸を使う必要があるから」という理由を挙げるユーザーもいたが、別のネットユーザーからは「日本料理だって箸を使うだろ」とのツッコミがあった。実際、西洋においても日本食などを食べ慣れている人は器用に箸を使いこなす。

そのほか、「外国人は生物を食べるのが好きだから」という意見もあったが、あながち的外れとは言えないかも知れない。中華料理は火を通すことが常識で、生サラダを食べるという習慣も根付かないほどだが、サラダを食べる西洋では日本同様に食材の鮮度を尊重する考え方がある。

38explorer【zeropod】×2個
サーチナ (金)
グレースコンチネンタル⭐︎ギャザーキャミソール(未使用)





また食文化の話題である。

私は特別『食』に詳しいわけでもないが、言語と同じく、
ろん様 専用
Artio CR-V1 イヤホン xelastec イヤーピース付き

この記事の日本vs中華というのではなく、
比較文化的に料理を考えてみたい。


世界では中華料理より、日本食が人気とは意外だった。
世界中どこの土地に行っても中華料理店は必ず目にするからだ。
といっても私の場合はラテンアメリカ世界限定での話であるが。

それほど中華料理は万人の口に合うのだろうと思う。
もっとも以前いたドミニカ共和国では大都市は別にして、
地方都市には中華の店はまず見たことはなかった。

後に理由がわかったことは、ドミニカ人は味覚の幅が狭く、
自国の料理すらほとんど種類がなかったし、
中華料理を美味いとは思わないという声もしばしば聞いた。

だからドミ共では中華の店は流行らないのだろう。
ちなみに日本料理店も恐らく全国に5軒以下、
それも首都にしかないのではないだろうか・・・。


CELINE セリーヌ ポロシャツ 体感Lサイズメキシコでは、例えば首都メキシコ・シティでは、
中華バイキングの店はかなり多く、土日の夕方などは、
家族連れの行列が出来るくらい人気がある。

夕立窯★★★別注 信楽土 金釉 三吉くん神楽(口径10cm高7cm)皿14cm
中華店の数にはかなわない。しかし日本料理店も人気は結構なもので、
寿司などはメキシコ人経営のチェーン店もあるくらいだ。


          メキシコにも高級中華の店はあるのだろうが一般的に大衆向け。

ただし・・・

②★core-i3★初期設定済み★[FUJITSU ]SH54/D
高級志向的な観はあり、
中華料理よりも値段は高い。




中華料理は味も良く、メニューも豊富なのだが、
 油を大量に使うケースが多く、健康を気遣う人は
 敬遠する場合もあるだろう。

確かに中華料理は油をよく使う。
揚げ物だけでなくても何でも高温の油に通すことが多い。
ここで、亡くなった父が言ってたことを思い出した。

ひとつの参考としてお読みいただきたい。

私の父は大正生まれで、今の毎日新聞の前身の東京日日新聞に勤め、
戦時中は上海で特派員をやっていた。それで戦時中の体験談をよく聞いた。

ちなみに父が上海に赴任したのは、南京陥落後から高々4年後である。
父は文屋なので左翼ではないが、比較的リベラルで軍部の批判はよくしていた。
その父からも30万人虐殺という南京『大虐殺』の話は、一度も聞いたことはなかった。

父が休みの日に友人と川だか湖だかに釣りに行ったとき、
俗に『台湾ドジョウ』と呼ばれる雷魚が何匹か釣れた。
友人の誰かが日本で雷魚を刺身にして食べて美味かったらしく、
その晩友人宅で、雷魚の刺身をつつきながら飲み明かしたそうだ。


                   台湾ドジョウと呼ばれる雷魚

ところが、翌朝になると全員発熱し、全身に発疹がでたので、
あわてて日本人医師のいる病院に駆け込んだ。
医者の話だと雷魚に寄生する寄生虫
そのような症状を引き起こすという話だった。


            雷魚の皮をはいだ身は、なるほど白身で美味そうだが・・・

もっとも一般に日本でも淡水魚は寄生虫は多いとは聞くが、
日本で雷魚の刺身は当時は何ともなかったのだろう。

それで父が言うには、中華料理に(当時)生ものがなく、肉、魚はもちろん、
野菜でも必ず高温の油に通す意味がわかったという。
つまり・・・

シナは不潔な土地なため、日本には存在しない
風土病の病原菌や寄生虫が多いので、調理と兼ねて
エフェクター Leqtique 9/9 限定カラーするのが習慣的に根付いた


                        ・・・という話しだった。


                 確かに中華料理の特長は高温の油である。


そう考えると日本は水がきれいな土地なのだと思う。
そりゃそうだろう、江戸時代のほうが川も池も湖も海もきれいだったと思う。
だって工場もなく、生活排水も農業肥料でうまく循環していたのだから。

だから刺身など生ものを食べる習慣も出来たのだろう。
ハマースレイ 小鳥 ヴィンテージソルト&ペッパー寿司は江戸っ子のファーストフードというが、
素手で生ものを握るのだから清潔でないといけない。


            江戸庶民のファーストフード。歌川広重の描いた寿司

夏場など現在でも食中毒がしばしば起きることを考えると、
江戸時代にも相当日本人は清潔にしていたのだろうと思う。
清潔好きが住む★送料・設置無料★ 中古 中型洗濯機 シャープ (No.0683)だったのだろう。

土地柄や民族性が、中華料理に油を多く使う理由か、
どうかはわからないが、日本食の特長とくらべると、
一理はあるかも知れない。



次回午後三時頃につづく・・・

どーでもいいことだが・・・

寿司食いて~~~






同じカテゴリー()の記事画像
(2017-05-25 )

Posted by トラネコ at
IH対応ベストポット インディゴブルー 炊飯土鍋